バリ婚ナビ >  バリ婚ガイド >  バリ婚のメリット・デメリット
リアルなバリ婚の実態 教えて!「どうして、バリ婚にしたの!?」

リアルなバリ婚の実態~教えて!「どうして、バリ婚にしたの!?」

バリ婚経験者、ハネムーンでバリ島を選んだ先輩新婦より、バリ島を選んだ理由、 そしてバリ島のメリットとデメリットをアンケート。 バリ婚の幸せな妄想ばかりでは、ちょっぴり危険!? やはり納得のウェディングをするにはリアルな事情を知る必要があります。 現地での経験から、先輩新婦の目線ならではの意見とアドバイスをまとめました! (アンケート回答者数:230名)

バリ挙式経験者の比較検討先NO.1は、ハワイ

日本人に人気の高いハワイがNo.1にランクイン。何かと不安な海外ウェディングですが、ハワイは現地に日本人スタッフが多く、チャペルの数やプランが充実して安心できる点がポイント。また、参列する親の世代にも馴染みのあるハワイは検討先に入ってくるのも納得です。しかし、ハワイは「日本人が多すぎて海外らしさを感じない」、「物価が高い」というするどい指摘が。その他、ランクインしたのはモルティブ、タヒチといった世界の名立たるリゾート地。リゾートウェディングをするならば、やはり海の美しさは欠かせないポイントですね。しかし、モルティブ、タヒチは日本からの移動距離が長く、式の参列者などの事情を考えると少し現実的ではないのかも!?一方で、グアム、沖縄も挙がりましたが、「近場は結婚後も遊びに行けるから、ある程度は遠くへ行きたい」という意見が多く、大切なウェディングだからこそ近すぎない”特別な場所で思い出を作りたいという新婦の思い入れが分かります。しかし、最多の回答は『バリ島以外では考えなかった』。実は、全体の50.9%は最初からバリ島でのウェディングを検討し、そして実現している結果に。日本から近すぎず、遠すぎないバリ島。そしてランキングの検討先に比べて、バリ島は自然豊かで伝統文化が色濃い土地であるのも特徴です。エキゾチックな南国に新婦の夢が広がっていくのかも!?
比較検討先のランキング集計
合 計
バリ島以外考えなかった 83 50.9%
ハワイ 23 14.1%
その他 18 11.0%
モルティブ 13 8.0%
タヒチ 10 6.1%
プーケット 9 5.5%
グアム 6 3.7%
沖縄 1 0.6%
合計(有効回答) 163 100.0%

教えて!バリ挙式で良かったと思う理由!

No.1の理由は、バリ島の『文化・雰囲気』。神々の住む島と言われるバリ島で、神聖で厳かなウェディングをしたいと思った新婦が多数。また、海だけでなく美しい山もあり、バリ島全体の壮大な自然の素晴らしさに感心を持ったという意見も。あまり開発が進んでいないバリ島は、のんびりした雰囲気そのものが好評です。そして、美しいロケーションで写真に収めるウェディングの思い出は最高のものになりますよね!さらには、『物価の安さ』も大きな魅力!他のリゾートウェディングと同じ値段で、バリ島ならもっと贅沢が出来るのです。もちろん式の内容がグレードアップ!そして高級ホテルに泊まって、人気のエステにも行けちゃう!ハネムーンを同時にするカップルがほとんどなので、ウェディングのあとの観光やショッピングなど二人の大切な思い出づくりにも物価の安さは大きなポイントになるでしょう。そして、注目すべきはバリ島スタッフの温かい国民性。現地スタッフの笑顔と優しさに、「素敵なウェディングが出来た」と感謝する声が。スタッフのサポート次第で、当日の新婦の心境も随分変わってくるものです。海外ウェディングの場合は、国民性も考えてみたいところですね。
バリ挙式の魅力 ランキング集計
合 計
文化・雰囲気 79 34.3%
物価 61 26.5%
自然 37 16.1%
時差・移動距離 17 7.4%
国民性 16 7.0%
料理 13 5.7%
その他 7 3.0%
合計(有効回答) 230 100.0%

正直、どうでした!?バリ婚で気を付けた方がいいこと!

No.1の理由は『治安の悪さ』!「騙されそうになった」、「スリが多い」などと危険な思い出を訴える新婦が全体の約40%にも上りました。バリ島の人々の国民性を評価する一方で、場所によっては非常に治安が悪く、特に日本人はターゲットにされやすい傾向があるので注意が必要です。但し、危険なエリアにさえ近づかない・事前の知識をしっかり持っていれば、安心して楽しめる場所!という声も。やはり事前の理解が大切ですね。続いては、『気候・環境』を不快に思うケースが多く、「暑くて湿度も高く、汗をかいてメイクが崩れそうだった」、「自然豊かだけど、虫がたくさんいて気持ちが悪かった」など、南国ならではの気候や環境をマイナスに感じることがあるようです。また、バリ島には雨季があるため時期は慎重に選んだ方が良いというアドバイスも。特に屋外でのウェディングは、一年を通してスコールに降られてしまう危険性があります。衛生面で意見を挙げた人は、口を揃えて「水には注意して!」と警告。下痢、嘔吐に悩まされたという報告もあり、十分に気を付けたいですね。そして、ここで注目なのは『知名度の低さ、家族・友人の理解』。つまり、バリ島の良さを周囲の人たちが理解していないため「大丈夫なの?」と聞かれたり、ウェディングの参列を快く受けてもらえなかったりするということです。海外ウェディングと言うと、まだまだハワイやグアムの人気や知名度が高い日本。バリ婚の良さを身近な人たちにどれだけ理解してもらえるか?という課題が見えてきました。
バリ挙式で気をつけた方がいいと思うこと ランキング集計
合 計
治安 88 38.3%
気候、環境 36 15.7%
衛生面 30 13.0%
インフラの整備 28 12.2%
知名度の低さ、 家族・友人の理解 13 5.7%
時間にルーズ 10 4.3%
その他 10 4.3%
まったくない 9 3.9%
料理 6 2.6%
合計(有効回答) 230 100.0%
バリ島で挙げて良かった理由・悪かった理由
良かった理由
ハワイやグアムは今後、子供が出来てからも行けるけど、バリ島は子連れでは難しいし、あのまったりとした開放感はカップルで過ごすべきだと思う(30代/女性)
参列してくれた家族、友人にセンスよくよりリラックスして楽しんでもらうにはバリ島が絶対良い。ホテルやエステなど、レベルが高いものを安くできるのはバリ島しかない(30代/女性)
日付変更線を越えるハワイとは違い時差ボケがないこと。同じ島の中でビーチ側と山側(ウブド)があって、挙式後のハネムーンも楽しい(30代/女性)
物価が安いせいか挙式で生花をふんだんに使用出来ると思います。ハワイなどは物価が高いので、「こんなことしたい!」と思っても難しい挙式内容も、バリ島では実現するかもしれません(20代/女性)
悪かった理由
インフラの整備が遅れ、水の心配もあるので高齢の家族には難しいかも(30代/女性)
子供と一緒に参加する人がいる場合は衛生面から考えるとハワイ、グアムにはかなわない。食事も美味しいけど、スパイシーなものが多いので子連れにはやはりちょっと厳しいかもしれない(30代/女性)
ホテルや挙式会場から離れると、治安が悪くかなり危険だと思った。交通渋滞はハンパないし、交通ルールもめちゃくちゃ(20代/女性)
時間がバリタイムという言葉があるぐらいルーズなのであまり時間どおりにいかない事がある(30代/女性)

ハワイ・グアムとの比較がもっとわかる! 「バリ婚・お金のホンネ」特別小冊子無料プレゼント中

「バリ婚お金のホンネ」特別小冊子とは?
バリ島挙式の人気3会場を取り上げ、実際に挙式を挙げた新郎新婦の見積りを公開します!
もちろん無料プレゼントですので、ぜひお気軽にお申込みくださいませ。
★見積り掲載会場:アヤナリゾート/ティルタ・ウルワツ/ブルーポイント・バイ・ザ・シー
ナンバーワンバリウェディングサイト
小冊子
会場お下見ツアー
バリ挙式予定者
バリ挙式経験者

ランキング

お問い合わせ