バリ婚ナビ >  バリニュース一覧 >  balinews >  ガラスペインティング、ヨーロッパ市場に進出する

ガラスペインティング、ヨーロッパ市場に進出する

このエントリーをはてなブックマークに追加

ガラスペインティングの需要と障害
バリ島北部のブレレン県、ナガセパハ村の地元の芸術家たちによって、ガラス上で、創造して作り上げられる、ガラスペインティングは、ヨーロッパとオーストラリア市場にうまく進出した。

ガラスペインティングの絵描きの一人、I Ketut Sentosa氏は、ガラスペインティングへの需要はとても高かったと述べた。またジャカルタとジョグジャカルタの展示会に、しばしば参加する芸術家は、特に大好きなモチーフは、人形の登場人物と、風刺画だったと語った。

彼は、アンタラ・ニュースによって引用されたように、ヨーロッパからの大多数のバイヤーたちは、水瓶、壷のガラスペインティングを好むと述べた。またセントサ氏は、高い需要にもかかわらず、村のガラスペインティングの絵描きの人数は、マーケティングの障害の為に、17人から、たったの8人に減ってしまったと語った。

(North Bali より)

ガラスペインティングの歩み
たくさんのユニークな手細工製品を持つブレレン県 、ガラスペインティングも、そのひとつである。シンガラジャの近く、ナガセパハ村で見つけることができる。ナガセパハ村のガラスペインティングは、比較的新しく1927年に現れた。このガラスペインティングのパイオニアはJro Dalang Diahという人物である。

ナガセパハ村のガラスペインティングの歴史と発展は、3つの異なる期間に分類することができる。

最初の期間は、1927年から1950年の間で、初期期間として知られている。この期間、ほとんどの芸術家たちは、時間と場所を正確に決めることなしに、バリ島のワヤンからの場面を用いた。この期間の場面は、人形劇の構想に基礎を置いていた。

次の第2の期間は、1950年から1992年の間で、パノラマ期間として知られている。自然風景を基礎とした、自然主義的なアートペインティングであった。

そして第3の期間は、1992年から現在までで、装飾的な期間として知られている。シンガラジャ、芸術教育省の研究の関与は、新しいスタイルの基を与えた。


▼外部リンク

The Jakarta Post : Glass painting penetrates
European market
http://www.thejakartapost.com/news/2013/02/16/

このエントリーをはてなブックマークに追加
バリ婚お金のホンネ小冊子
バリ挙式予定者
バリ挙式経験者
10万円プレゼント
会場お下見ツアー
ナンバーワンバリウェディングサイト
小冊子
会場お下見ツアー
バリ挙式予定者
バリ挙式経験者

ランキング