バリ婚ナビ >  バリニュース一覧 >  balinews >  【タバコ】について賛成派?反対派?バリでの【タバコ】についての考え方

【タバコ】について賛成派?反対派?バリでの【タバコ】についての考え方

このエントリーをはてなブックマークに追加

バリがホストを務める「2014年・世界タバコ・アジア(WTA)会議」に同意しない活動
2014年9月24日と25日、「2014年・世界タバコ・アジア(WTA)会議」の主催を務めるのは、リゾートの島のバリである。だが、バリは「アンチ・スモーク活動と学生」のアカデミック・コミュニティ・リーダーを先導している。

またインドネシアは【タバコ・コントロール・フレームワーク協定】 (Framework Convention on Tobacco Control、略:FCTC)を公認する為に、すでに「東南アジア諸国・連合」(Association of South-East Asian Nations、略: ASEAN)と、「G20」のメンバーである。

(FCTCより)

”タバコを吸う権利”と、”きれいな空気を吸う権利”の共存の課題
「2014年・世界タバコ・アジア(WTA)会議」に反対しているのは、バリ・ウダヤナ大学・公衆衛生学部のアルタワン氏である。アルタワン氏の述べた意見や考えを簡潔にまとめると、私たちはインドネシアのどの場所においても、またバリでこの会議が開催されることに賛成できない。

”人間の権利”と、タバコを吸う”個人の権利”とを混同するべきではない。私たちは”請願書”をバリの州政府に送ることになるだろう、ということだ。

また彼は、バリで開催される予定の「2014年・世界タバコ・アジア(WTA)会議」を取りやめさせる為に、インドネシアのアンチ・スモーキング・ネットワークの活動とともに、行動を続けると思われる。さらにアルタワン氏はタバコについての自らの見解を次のように述べた。

「タバコをコントロールするのは、タバコを吸う人々を禁じるという意味ではない。ただ私たちは、きれいな空気を吸いたい。きれいな空気を吸う為の権利は、明らかな人間の権利である」
(Bali Discovery Toursより)


タバコに関して、世界でも「賛成派」と「反対派」に分かれているが、おたがいの意見を尊重しあって、最善に解決できることを願う。


▼外部リンク

Bali Discovery Tours: No to Tobacco
http://www.balidiscovery.com/messages/message.asp?Id=9764

FCTC: WHO Framework Convention on Tobacco Control
http://www.who.int/fctc/en/

WTA: World Tobacco Asia
http://www.worldtobacco.co.uk/asia/venue-accommodation

このエントリーをはてなブックマークに追加
バリ婚お金のホンネ小冊子
バリ挙式予定者
バリ挙式経験者
10万円プレゼント
会場お下見ツアー
ナンバーワンバリウェディングサイト
小冊子
会場お下見ツアー
バリ挙式予定者
バリ挙式経験者

ランキング

お問い合わせ