バリ婚ナビ >  バリニュース一覧 >  balinews >  エコを大事にしながら、バリ島周辺のエリアの、発展の為の「エコ ツーリズム 企画」

エコを大事にしながら、バリ島周辺のエリアの、発展の為の「エコ ツーリズム 企画」

このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、進められている「地域 エコ ツーリズム」の企画の為の2つの地域
東南アジアの為の「地域 エコ ツーリズム」の企画を発展させる為に「トゥリ ヒタ カラナ会議」は、バリ島周辺の2つの観光地:スムバワ島とロンボク島の為の機会を拡大している。インドネシアの観光業をベースとする、環境部門での新しい投資を保つ為に、アジア太平洋経済協力(APEC)サミットは大事な機会だった。

企画が進められているエコ地域は、南NTBのエコ地域と、北に位置するエコ地域のNTB (ロンボク島タンジュン リンギット)である。これらのエリアは、グリーン インフラストラクチャーとともに発展の為の持続が可能なエリアだ。ツアーをサポートする中で継続可能な漁場と農場エリアのコミュニティ、またとても美しく今後の、地域の経済力になる可能性を持つと考えられる、少なくとも10のビーチがある。

(L’Ultimo Paradiso:Dua Eco Region di NTB Dikembangkan untuk Kawasan Asia Tenggaraより)

「エコ ツーリズムの企画」を達成する為の課題
「観光 マスタープラン発展組合 インドネシア エコ地域」の責任者のJohn Higson氏が述べたことを簡潔にまとめると、少なくとも西ヌサ・トゥンガラ州の、2つのロケーションは、東南アジアのエコ地域にふさわしい発展をしている。またエイト アイランドはまだ発展段階の状態だが「タンジュン リンギット エコ地域」の為のマスタープランは完成している。

インドネシアの観光業で、長い交渉の、プロセスの中で投資することは簡単ではない。このような問題を解決したスウェーデンのように、もしインドネシアが、エコ ツーリズム法を持って同じことを実施するなら、コミュニティによるたくさんの利益を後押しするような、持続可能な地方の観光産業とともに、解決の為の道筋になるだろう、ということだ。

バリ島周辺のエリアの発展はまた、バリの更なる発展につながっていく。スムバワ島もロンボク島もバリ島から近いエリアなので、バリの観光者は、このような情報と一緒にそのエリアの未来をイメージしながら旅することも、新しい発見ができる一つの方法かもしれない。


▼外部リンク

L’Ultimo Paradiso:Dua Eco Region di NTB Dikembangkan
untuk Kawasan Asia Tenggara
http://www.ultimoparadiso.com/dua-eco-region

このエントリーをはてなブックマークに追加
バリ婚お金のホンネ小冊子
バリ挙式予定者
バリ挙式経験者
10万円プレゼント
会場お下見ツアー
ナンバーワンバリウェディングサイト
小冊子
会場お下見ツアー
バリ挙式予定者
バリ挙式経験者

ランキング

お問い合わせ