バリ婚ナビ >  バリニュース一覧 >  column >  せっかくなら、バリ衣装  続編

せっかくなら、バリ衣装  続編

このエントリーをはてなブックマークに追加
以前2回にわたってバリの民族衣装について書かせていただきました。
クバヤってとっても華やかですし、バリ好きなおふたりの結婚式の
二次会やパーティ、またはウェルカムボードの写真なんかにピッタリです!

先日、新しくクバヤを作る機会がありましたので、今日は前回よりもより
具体的にご紹介できたらと思います。

 

まずクバヤ(上着)の生地を選び購入。これは25万ルピアでした。
そしてそれに合ったサロン(腰巻布)とスレンダン(腰帯)を選びます。
サロンが10万ルピアにスレンダンが2万ルピアです。
そして今回はアンダーウェアも購入しました。12万ルピアです。

いつもなぜだろうと不思議に思っているのですが、生地屋さんでは
仕立ててくれません。別で仕立屋さんを探すことがほとんど。
とはいっても、街を歩けばよく見かけます。
それだけ需要があるのでしょう。
形にもその時の流行があるようです。胸の開き具合や、その部分を
Vにするかスクエアにするか、長さはどうするか、などなど。
この仕立てに10万ルピア。3日後には仕上がっていましたよ!

これで完了。あとは着るだけ!着方も難しいものではないので、
一度着れば次は日本でも自分で簡単に着ることが出来るでしょう。

ということで、今回バリの民族衣装を一式揃えるのにかかった総額
59万ルピア。日本円にして5千円ちょっとです!!
クバヤの生地もサロンもお値段はモノによってピンキリ。高価なものでは
数万円するものもありますので、今回わたしが選んだのはとてもお安いもの
の一例として参考にしていただけたらと思いますが、着た感じ見た感じ共に
十分満足なものが出来ました。



お値段としてもお手ごろですし、バリの旅の思い出作りとしてだけでも、
ぜひ一度チャレンジしていただきたいです。
出来上がったものを着てお寺に行くのもよし。貸し出しされるサロンを
見に纏うだけの他の観光客とは、断然差がつくことでしょう!

 

 

============================
NICO
なんだか妙な縁で気がついたらバリ島に住んでいました。
バリ島のお気に入り、オススメを綴ります♪
============================

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
バリ婚お金のホンネ小冊子
バリ挙式予定者
バリ挙式経験者
10万円プレゼント
会場お下見ツアー
ナンバーワンバリウェディングサイト
小冊子
会場お下見ツアー
バリ挙式予定者
バリ挙式経験者

ランキング